解体工事のよくある質問

店舗・ビル・戸建の解体ならJRSへ!自社リサイクル工場、自社ダンプだから解体のコストを下げられます!無料お見積り相談中!

解体工事はジャパン・リサイクル・システム

解体工事無料お見積り・ご相談承り中!

解体工事のよくある質問

家が古くなって建て替えたい・・・でも、新築費用のほかに今ある家を取り壊すのにいったいどれぐらいの費用がかかるのか・・・。建物の図面などが無くなってしまったんだけど見積もりできるのか。。。?現場調査ってどんなことするの?など解体工事に関してよく寄せられる質問をまとめました。お見積りご相談前の参考にご覧ください。

Q.

忙しくて現地調査に立ち会えないのだけれど見積れますか?

A.

家の中に入らなくても見積れます。出来る限りお客様のご負担を少なくすることを考えております。敷地内に入れさせて頂き、家の外から測量や重機の搬入経路など調査致します。

Q.

家の中に家具や衣類などいらなくなった物が有ります。一緒に処分してもらえますか?

A.

もちろん処分出来ます。「何が処分対象か?」につきましては、事前にお打ち合わせさせて下さい。

Q.

追加料金が発生することはありますか?

A.

見積書に記載された解体工事内容の範囲内であれば追加料金は発生しませんが、見積の後からご依頼された作業や見積時点で解らなかった地中埋蔵物の処理が発生した場合、家具などの残存物が現地調査の時点より増えていた場合など、追加料金の対象になるケースもございます。

Q.

鉄筋コンクリートの施設の解体も可能ですか?

A.

木造住宅の解体だけでなく、マンションやビル・工場・給水塔などの解体も可能です。その場合、簡単見積ではなく詳しい内容をご相談させて頂いた上での見積に成ります。

Q.

解体工事を他の業者にまかせると工務店さんが嫌がりませんか?

A.

そんなことはありません。どちらにしても工務店さんは、解体屋さんに下請けに出すのです。しかも、電気屋さんや水道屋さんなどと違って、建築物に全く影響ないのが解体工事の工程です。他の解体屋さんに頼んでも全く問題がないのです。

Q.

建築時の図面や仕様書などが有りません!見積もれますか?

A.

建物図面が手元になくても、現地調査で対応可能です。ご安心下さい。

Q.

自宅に来てもらった後に断っても大丈夫?

A.

ご面談頂いてご安心頂けなければ、お断りいただいても問題有りません。

Q.

現地調査はどうしても必要ですか?

A.

現地調査は、建物・敷地の詳細な状況や、隣地・道路・電柱・電線などの周辺状況を確認することで、具体的な工事方法・範囲が明確になります。足場や養生(ようじょう)幕の種類、仕様する重機の種類や大きさ、トラックの出入りの可否、発生する廃材の種類や量…etc

Q.

建物を解体した後は、駐車場にしたいのですが?

A.

弊社のリサイクル工場では、再生砕石の販売を行っています。解体現場へ向かう空トラックへ積むなど、運搬費を抑える工夫が考えられます。駐車場の整備予定なら、解体工事と合わせて工事することをお勧めします。

Q.

解体工事中に、事故が起きた場合の補償・保証はあるのでしょうか?

A.

損害賠償保険に加入していますので解体工事に起因する事故や損害については補償・保証が受けられます。

Q.

車が入れない、駐車するスペースがないほど狭い道路です。解体工事は可能ですか?

A.

現地調査させて頂き重機やトラックが入れない場合は、手作業で解体を行います。

Q.

鉄筋コンクリートの施設の解体も可能ですか?

A.

木造住宅の解体だけでなく、マンションやビル・工場・給水塔などの解体も可能です。その場合、簡単見積ではなく詳しい内容をご相談させて頂いた上での見積に成ります。

Q.

解体後の手続きは何が必要ですか?

A.

建物の登記を抹消する「建物減失登記」が必要です。通常、土地家屋調査士へ依頼し手続きしますが、別途費用(4-5万円程度)が掛ります。

Q.

解体で出た廃棄物は安全に処理されますか?

A.

施主は、マニュフェストのE伝票を確認することで解体工事の産廃物が適法に処理されたかが分かります。解体工事により発生した産業廃棄物は、それぞれ細かく分別され素材毎に中間処理施設へ搬入されます。その際、産業廃棄物を不法投棄せずに正しく処分しているかを管理する「マニフェスト」を作成します。マニフェスト伝票とは産業廃棄物の不法投棄を防ぐために解体工事現場から出た産業廃棄物がどのように処理されたのかを書類にしておくもので5年間の保存が義務付けられています。

Q.

解体工事終了後の確認は?

A.

解体工事が終了しましたら、建物取壊証明書とマニュフェストのE伝票でご確認頂けます。

Q.

「地中障害物の撤去費用は別途」などと記載する場合がありますが、どのようなことですか?

A.

基礎を補強する為の杭や井戸など、地中に埋まっていて見積時に不明なものです。通常の建物基礎の撤去は、見積に含まれています。